海難救難艇ハーマンメルベーデ1/72製作その19

hm_18_05.jpg
塗装の重ね回数はこの大きさだと3回は、やらないとダメみたいです。なので乾燥の時間もそれなりにあるので、その間艦橋やマストに付く小物部品を作っておきます。まず艦橋に付くサーチライト3個です、内部をくり抜きスティールの銀テープで反射鏡を埋め込み、透明プラ板で蓋をしてそれらしく見せます。最初に考えていたのは、光ファイバーケーブルを光源に使うつもりでしたが、ケーブルが一旦外に出てライトの中に入る構造しかなく、外に出た部分の処理にうまい方法がなくケーブル自体も太いので、あっさり却下。ムービーの中で点灯させるのは映像ソフトのフレアに任せる事にしました。さらにマストに付く警告ライト類(?)はすべて透明ランナーから切り出して作り変えています。

hm_18_06.jpg
どうにか塗装終了、この写真後方にはこの艦橋に上るための梯子達で同時に塗装してしまいました。この次は全体につや消しクリアで艶をあわせるので、レーダー、センサー類はみな接着してしまいます。ここで悩んだのが、マストを艦橋に接着するかどうかです。接着してしまえばその接着部分もコートされて、全体の艶と一緒になり仕上がりが統一されてきれいなんですが、その分マストの追加加工などがし辛くなりそうです、この後マストには、ゴチャゴチャとライト類が付きますんで。

hm_18_07.jpg
結局悩んだ末に、ライト類の接着を優先させることにして、まずマストだけをつや消しクリアでコートして、乾燥を待って、ちまちまライト類を接着。その後エナメル塗料で墨入れを軽くしています。マストからの張り線用に各先端にはピンバイスで穴が開けてあるのでついでに張り線もいくつか付けようか迷いましたが、またまたマストの取り回しが面倒になりそうなんで、止めにしました、現状ですでに、置き場所がなくなりつつあり、真剣に作業部屋を片付けてスペースを確保しなければと思っています、マストは本当に華奢なんで。

hm_18_08.jpg
マスト前面です。中間に付いたレーダードームは、このキットには付いていません、本来は航海レーダーが付くのですが、下にも同じような航海レーダーがありそちらは回転するようにモーターを組み込んでいるので、その上のレーダーが、止まっているんじゃ、変なんでドーム状にしてしまったのです。自分的にはこの方が自衛艦らしいんじゃないかと、かってに思っています。
後は艦橋のサーチライトを付け、全体をコートして艦橋、マスト部分の外観は完成です、その作業については次回。

と言うことで、次回製作#20に続く

この記事へのコメント