ガンプラ バンダイRB-79ボール製作その1

突然ですが、ガンプラRB-79ボールの登場です。
rb_p01.jpg
ハーマンメルベーデの製作を続けるべきなのですが、これに乗せる潜水艇に適当なものはないかと考えていて、これまたあれこれネットの中を歩き回り最初に見つけたのが、アオシマ1/48のトライトン潜水艇でした。
しかし1/48スケールはよいとしてもハーマンに乗せる1/72はスクラッチでコクピットが透明な球体というのが、ムービー合成の際にネックとなり、またプラスッチクの球体を加工するのが難点で今回はトライトンをあきらめ。また、振り出しに戻って、あれこれ見て周りハセガワのたまごヒコーキのヘリコプターや1/72の各種ヘリなどをチョイスしていたのですが、どれも単体で作る分には良いとしてもムービー撮影、合成などと合わせて考えるとどれもイマイチで、なんかないのかと思っていたとき偶然ガンプラのRB-79ボールを改造している写真を見つけこれを潜水艇にできないかと思いついて、早速1/144スケールのRB-79ボールを購入、しかも1/255もオマケ(?)でついているではありませんか、ガンプラの1/255は1/72のハーマンメルベーデ上では1/72の2人のり潜水艇のスケールにぴったりなのですよ、これが!
これはラッキーとさっそくハーマンの製作は一時やめてこのRB-79ボールの製作にとりかかりました。
rb_01.jpg
さっそく届いたバンダイのRB-79ボールの部品を確認、かなりオモチャぽぃ、だいじょぶか?
rb_02.jpg
今回ハーマンメルベーデに乗り組んでいただく1/72方々と1/255のボールの対面。
下の白いベースはハーマンの未塗装の甲板、いいんでないぴったり合いそう。
rb_03.jpg
さっそく加工開始、後部の余分な部分をエッチングノコで切り離し、それにしてもモールドがタルいし、これは全て彫りなおしだと思っていました。
しかし、1/144の方を改造するにしても撮影に使用するには、あちこちボケているしこれまた大変だわと思っていた矢先、1/100のスケールの製作記事をサイトで見てかなりパーツがしっかりしているし以前作った1/48のバンダイ”しんかい6500”のきっちりしたパーツの出来に関心していたので、これはもう1/144のスケールはあきらめ1/100を作りそのデティールを元に1/255を作ろうと方針転換これもソッコウで購入。
rb_p02.jpg
到着したキットを見てこれが正解だと納得。
しかしパーツが多い!しかもモールドがしっかりしている、さすがバンダイとモチベーションがあがりまくったのです。
rb_04.jpg
今回、潜水艇のイメージはあえて決めずに製作を開始全て現物合わせでやって行こうと考えています。
基本部分で、ガンプラの79ボールと違うところはコクピット窓が潜水艇では出入り口ハッチとなり、砲搭が乗る頭の部分がコクピット窓になるくらいです。てかなり違うか。
rb24.jpg
まずは、仮組み、こうして1/255とならべてみるとモールドの出来の違いが実感出来ます。
しかし、使用するのは、外観のみなのでせっかくの内部のパーツはすべてジャンク品の仲間入りです。まったくもったいない、その内別の作品でがんばってもらいましょう。
rb_05.jpg
後部には推進器のカバーを取り付け、その下に置いてある黒い円盤上のパーツが推進器、ちなみにこれは1/100の下方バーニャの基部です。あまりにモールドがいいんで使わない手はないと最新の推進装置(電磁系?ウォータージェットかなにか)。ついでにフロントにはスーパーキャビテーション装備、機動力バツグンでしょう。いいじゃないですか、架空の世界なんで。
rb_06.jpg
アーム部分も組み立てました少しごつい気もしますが。この位の腕力がないとムービーの中では整合性が出ません。
rb_07.jpg
後ろから。このカットムービーの中で使えそうです。
rb_08.jpg
両腕、及び上部のガード、船のクレーンで吊る際に使えます。
rb_09.jpg
またまたお気に入りの超架空デッチアゲ推進装置。
一応仮組みで確認出来たのでいよいよ本製作にかかりますが、はめ込みで接着剤を使用しなくてもピッタリはまるのはいいんですが、バラすのが大変でした、あまり力を入れすぎるとバキッといきそうで。
まぁさすがバンダイクオリティなんですが。
rb_10.jpg
ここいらへんで、前部のコクピット窓や底部のタンク、ライト類や推進補助装置など小物を作成。
コクピット窓の中がグリーンなのは映像合成でCGのパイロットを見せるため合成用グリーンバックになっています。
rb_11.jpg
塗装前のマスキング処理。本体はオフホワイト、アーム部分や小物はライトガンメタルで後は細かく色分けして行こうと思っています。
rb_12.jpg
基本的な塗装が完成。後は組み上げるだけとなりました。
ここまで製作期間1日半くらいでした。

ガンプラ バンダイRB-79ボール製作その2へつづく



この記事へのコメント